グループのすべては、この会社から始まりました。
創業者の使命と責任感が、職場の隅々で息づいています。

私たちのグループの創業者・西山潤二が廃棄物処理の事業を始めたのが昭和51年。
以後40年前後の苦労の歳月の中で、創業者は「まず社会のために」をモットーに、社員教育を徹底してきました。その姿勢はいま、職場にしっかりと根づいています。

有限会社西山産業 沿革

昭和51年5月
一般廃棄物の収集運搬を目的として「西山産業」を創業
京都市の一般廃棄物処理業許可を取得
平成15年4月
西山産業グループとして、国内最大級食品リサイクル工場「京都有機質資源株式会社 エコの森京都」を数社と共同で稼働開始
平成16年10月
西山産業グループとしてKES認証取得
平成16年11月
西山産業を有限会社西山産業に法人化。
平成24年10月
西山産業グループとしてKESステップ2認証取得

会社概要

社名
有限会社西山産業
創業
昭和51年4月1日
資本金
500万円
役員
取締役 西山 潤二
取締役 西山 智子
事業内容
一般廃棄物の収集運搬業
事業所
京都市伏見区北寝小屋町51番地
TEL 075-601-1443
FAX 075-611-7410
従業員数
10名(令和3年3月現在)
取引銀行
京都中央信用金庫 みずほ銀行