食品廃棄物food waste

食品廃棄物も資源として有効活用。

平成13年に施行された「食品リサイクル法」により、年間100tを超える食品廃棄物を排出する製造業者や飲食店では、リサイクルのための分別排出が義務化されました。
西山産業グループでは、「食品リサイクル法」にもとづき、あらゆるケースに対応するノウハウを構築しています。

※食品リサイクル法は、正確には「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」です。

食品廃棄物の主な対象先

・ホテル、レストラン、スーパー、コンビニエンスストア…等から出る調理くずや食べ残し食品等
・食品製造工場、食品加工工場…等から出る食品くずや廃食用油、売れ残り食品等

魚あらは資源ごみの一種です。

リサイクルのため、他の食品廃棄物との分別排出が必要です。

西山産業グループは、40年間の社歴を持つ廃棄物処理のエキスパート。
収集運搬だけではなく、ゴミの分別などに関してもご相談いただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせください!